犬の薬情報データベース

犬用のフィラリア薬の飲ませ方は?

犬のフィラリア予防を行う際に気になるのがフィラリア薬の飲ませ方です。
犬に錠剤のフィラリア薬だけ与えても、自分から飲まないことが殆どです。

口を開けさせて飲ます

そこで犬に口を開けさせて飲ますことが一般的となっています。
犬の顔をやや上を向かせた状態で下あごを片手で持って固定し、錠剤を持ったもう片方の手で上あごを持ちゆっくり開いていきます。
口が開いたらなるべく奥のほうに錠剤を入れ、口を閉じて飲ませます。
喉をさすってあげると犬が飲み込みやすいです。
舌で口のまわりを舐めたら飲み込んだ可能性が高いです。
水を飲ませると錠剤が引っ掛かり難くなります。
飲み込んだ後はきちんと誉めてあげると、その後飲ませるときにスムーズです。
しかし犬によっては嫌がるため、飲ますのが大変なことがありました。
大型犬が嫌がると飲ますのがもっと大変です。

おやつに混ぜたりおやつタイプのフィラリア薬を使用する

そんなときはおやつにフィラリアの錠剤を混ぜて与えると言う方法があります。
いつもの好きなおやつに錠剤を仕込んでおくとそのまま一緒に食べてくれることが多いです。
犬用チーズのおやつには錠剤を仕込めるものがあり、フィラリア薬を飲ませたいときに便利です。
中には器用に錠剤だけ取り除いておやつだけを食べると言う犬も見られます。
食べたと思って良く見たら錠剤だけ残っていたと言うことがありました。
そんなときはおやつタイプのフィラリア薬を与えると言う方法があります。
ハートガードプラスは多くの犬が好きなビーフ味のするおやつタイプのフィラリア薬です。
半生タイプのために錠剤を飲ませるのが大変な犬でも、自分から食べてくれるので楽々です。
このようなおやつタイプのフィラリア薬は犬へのストレス軽減にも役立ちます。

忘れた場合は獣医さんに診て貰う

フィラリア薬は蚊の発生期間中、毎月1回1か月間隔で飲ますことが必要です。
もしフィラリア薬を1か月忘れてしまったときは獣医さんに診て貰い、指示を仰いで下さい。

犬の薬情報データベースTOPへ

▲PAGE TOP