犬の薬情報データベース

犬のフィラリア薬はいろいろありますがどれがいいですか?

犬のフィラリア薬の主成分はイベルメクチンやミルベマイシンオキシム、モキシデクチンなどいろいろです。
タイプも錠剤やチュアブル、スポットオンなどいろいろあるためどれを選んで良いか分かり難いことがありました。

錠剤とチュアブルからおすすめは

錠剤のフィラリア薬の中でおすすめなのがパノラミスです。
パノラミスはミルベマイシンオキシムとスピノサドを主成分としており、フィラリアもダニもマダニもまとめて駆虫できます。
別々に飲ませなくて済むと言うのが一番のメリットです。
錠剤では飲まない、飲ますのが大変と言うときにおすすめなのがチュアブルです。
チュアブルのフィラリア薬として定番中の定番なのがハートガードプラスです。
ハートガードプラスはイベルメクチンを主成分としており、ビーフ味の美味しいおやつタイプのフィラリア薬となっています。
犬自ら進んで食べてくれるので飼い主さんが楽できると言うのが一番のメリットです。
国内ではカルドメックチュアブルとも呼ばれています。

スポットオンからおすすめは

チュアブルでも食べないと言うときにおすすめなのがスポットオンです。
スポットオンは首の後ろに垂らすだけ、口から飲ませたり食べさせなくて済むと言うのが一番のメリットです。
スポットオンの中ではストロングホールドと言うものがおすすめです。
ストロングホールドはセラメクチンが主成分です。
レボリューションのヨーロッパ市場向けとなっており、メーカーも主成分も使用方法もレボリューションと同じです。
価格はストロングホールドのほうが安いと言うメリットがあります。

飼い主さんのみの判断では危険なことが

犬種によっては危険な主成分もあります。
イベルメクチンはコリーに飲ますと危険と言われていますが根拠はハッキリしていないです。
不安と言う飼い主さんは動物病院で獣医師に良く相談しながらどのフィラリア薬を用いるか決めていくと良いです。
個人輸入通販でも海外製のフィラリア薬を取り扱っていますが、最初は動物病院で処方を受けたほうが良いでしょう。

犬の薬情報データベースTOPへ

▲PAGE TOP